コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塹壕戦 ざんごうせんtrench warfare

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塹壕戦
ざんごうせん
trench warfare

主として自動火器の進歩と普及によって生じる損害を防ぐため,相対する軍が互いに塹壕に拠り,そこから間欠的に相手を攻撃するかなり静的な戦闘の形態。アメリカの南北戦争で初めて現れた。日露戦争でも悲惨な塹壕戦が行われた。第1次世界大戦中,1914年末から 18年まで西部戦線はほとんど固定化し,ドイツ軍と連合軍は塹壕によって向い合い,敵陣地を突破するのは,きわめて困難であった。この戦訓から大戦後に要塞線が重視されるようになり,マジノ線スターリン線ジークフリート線などが構築されたが,航空機と機甲部隊による機動戦の発達により突破された。最近では多少変形されてはいるが,朝鮮戦争やベトナム戦争で塹壕戦が行われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

塹壕戦の関連キーワードマイルストーン ルイスジョッフル手榴弾

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android