コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

増田みず子 ますだみずこ

百科事典マイペディアの解説

増田みず子【ますだみずこ】

小説家。東京生れ。東京農工大農学部卒。日本医大に勤務するかたわら小説を書く。《死後の関係》(1977年)で新潮新人賞候補。《ふたつの春》(1979年)などで芥川賞候補。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

増田みず子 ますだ-みずこ

1948- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和23年11月13日生まれ。日本医大生化学研究室に勤務ののち創作に専念する。個としての人間の本質をさぐるテーマで注目され,昭和60年「自由時間」で野間文芸新人賞,61年「シングル・セル」で泉鏡花文学賞。平成4年「夢虫(ゆめんむし)」で芸術選奨新人賞。東京出身。東京農工大卒。本名は榛名みず子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

増田みず子の関連キーワード新世代の作家女流文学小説家昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android