墨江武禅(読み)すみえ ぶぜん

美術人名辞典の解説

墨江武禅

江戸中期の画家・彫金家。大坂生。姓は長田、名は道寛、字は子全、武禅・心月・朦朧斎・墨江斎等と号し墨江武禅と称されるようになる。初め船頭であったが、金彫・毛彫を能くし、また月岡雪鼎に画を学び画家となる。文化3年(1806)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

墨江武禅 すみえ-ぶぜん

1734-1806 江戸時代中期-後期の画家。
享保(きょうほう)19年生まれ。大坂の船頭であったが,月岡雪鼎(せってい)にまなび,画を本業とした。また彫金の毛彫りを得意とし,石膏(せっこう)で仮山水をつくることにもたくみであった。文化3年1月29日死去。73歳。名は道寛。字(あざな)は子全。通称は荘蔵。別号に心月など。著作に「鉢山図会」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android