コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オーストリア オーストリア Austria

翻訳|Austria

2件 の用語解説(オーストリアの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

オーストリア(Austria)

ヨーロッパ中部の共和国。首都ウィーンアルプス山脈が国土の大半を占め、観光地。酪農や鉄鋼・化学工業などが盛ん。ハプスブルク家の支配が続いたが、第一次大戦の敗北で帝国は解体、1938年ナチスドイツに併合、第二次大戦後、英米仏ソの分割統治を経て、1955年主権を回復、永世中立国となった。人口821万(2010)。オーストリードイツ語名、エースターライヒ
[補説]「墺太利」とも書く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

オーストリア【墺太利】

ヨーロッパ中央部の連邦共和国。九州から成る。国土の大半はアルプス山脈が占める内陸国。西部のチロル地方は世界的観光地。酪農をはじめ、鉄鋼・機械・化学などの工業が盛ん。1938年ドイツに併合され、第二次大戦後、米英仏ソ四か国により分割統治を受けたが、55年に主権を回復、永世中立国になった。住民はゲルマン系。言語はドイツ語。大部分がカトリック教徒。首都ウィーン。面積8万4千平方キロメートル。人口820万( 2005)。オーストリー。正称、オーストリア共和国。 〔「墺太利」とも当てた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

オーストリアの関連キーワード北ヨーロッパドイツ連邦共和国西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ中央銀行ヨーロッパトルコヨーロッパロシア中央ヨーロッパ時間ミニヨーロッパヨーロッパ級

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オーストリアの関連情報