コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分割統治 ぶんかつとうちdivide et impera

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分割統治
ぶんかつとうち
divide et impera

「分割して支配せよ」というフランスの国王ルイ 11世の言葉に由来する支配,統治技術の一つ。統治者が被統治者間の人種,言語,階層,宗教イデオロギー,地理的,経済的利害などに基づく対立,抗争を助長して,後者の連帯性を弱め,自己の支配に有利な条件をつくりだすことをねらいとしている。過去の植民地経営,支配にしばしば用いられ,イギリスのインド統治はその典型とされる。現代でも,国際政治の分野だけでなく,国内における選挙 (都市票と農村票の分離) ,労働組合 (第1,第2組合の分裂) の対策など,対立の契機を含んだ集団の制御に適用できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶんかつ‐とうち【分割統治】

支配者が被支配者の間にある民族的、宗教的、経済的利害の対立をあおり立てて、互いに分裂・抗争させることで統治の安定をはかる政策。植民地統治によく用いられた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶんかつとうち【分割統治】

支配者が被支配者の民族・宗教・利害などの相違を利用し、統一的な反対勢力の形成を困難にして支配の安定をはかる方法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分割統治
ぶんかつとうち
divide and rule

支配者が被支配者を分割、すなわち被支配者の団結を妨げて分裂させ、それをもって統治を容易にさせようとすること。「分割して統治せよ」ということばは、元来は古代ローマ帝国のその支配地域における統治術をさしたものである。そこでは被支配部族・民族が互いに離反・対立するように策し、ローマの支配に対する彼らの敵愾心(てきがいしん)を分散させ、被支配者の連帯よりもローマへの忠誠心を生み出すようにした。そうすることでローマ帝国の統治を容易にした。こうした統治術は植民地時代に欧州列強によって用いられ、イギリスやフランスなどは分割統治を原則として植民地住民を統治した。たとえば、スーダンにおける統治でイギリスは北部住民(アラブ系)と南部住民(ネグロイド系)の対立を利用し、南部住民を軍隊に用いて北部住民を抑え込むなどした。
 なお、この分割統治ということばは、いろいろな政治状況で用いられるが、日本では、比例代表区のブロック制導入によって政党支持票の分断といった事態や、それを通じて野党の連携を困難にさせる場合にも使用されることがあった。[青木一能]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

分割統治の関連キーワード少数民族問題(ミャンマーの)アナドル・ルメリ権利擁護団モーリー=ミントー改革アンティゴノス[1世]サイド・ムハンマドの乱ヌール・ウッディーンディオクレティアヌスソンツェン・ガンポ神石高原(町)アルカディウスウァレリアヌスソマリア紛争ビアフラ戦争西ローマ帝国ズールー王国ラインラントテトラルキアオーラフ3世西三河地方タイソン朝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android