コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁訴訟 カベソショウ

デジタル大辞泉の解説

かべ‐そしょう【壁訴訟】

《「かべぞしょう」とも》
訴えかける相手もいないのに、不平をつぶやくこと。また、陰で苦情を言うこと。
「婆さんは…知らぬ人にも夫の―をする」〈鴎外
遠回しに当てこすること。聞こえよがしに言うこと。
「お鉄は折々母親に(晴着ガナイノデ姉ノ所ニ行ケナイト)―の愚痴を吐(こぼ)す」〈紅葉・二人女房〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かべそしょう【壁訴訟】

聞く者もいないのにひとりでぐちを言うこと。
それとなく頼みこむこと。 「下されものが遅いとしらじらしい-/浮世草子・禁短気」
遠回しに当てこすること。 「聞えよがしの-/人情本・梅児誉美 3

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

壁訴訟の関連キーワード浮世草子人情本

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android