コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

士道 シドウ

大辞林 第三版の解説

しどう【士道】

武士としてふみおこなうべき道義。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の士道の言及

【軍学】より

…北条流において軍学の体系は完成したが,西洋のように政治学としての位置づけはなく,個人の道徳としての精神主義を濃くしていったのである。氏長の弟子山鹿素行は〈山鹿流〉を唱えて軍学に儒学の精神を合わせ,武士の道徳〈士道〉を完成させた。その後,長沼流,楠流,越後流など多くの流派が生まれたが,用兵術としての軍学が無用となった時代において軍学は個人の修養が強調され,戦術などは源平以来の合戦をなぞらえるにすぎなかった。…

【武士道】より

…広く武士の心組み,生き方を意味する場合と,狭く心組み,生き方の一つの立場を意味して,士道に対する武士道として用いられる場合とがある。 武士が王朝貴族の生き方に対して武士独自の生き方を自覚したとき,〈弓矢とる身の習(ならい)〉という言葉が生まれた。…

※「士道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

士道の関連キーワード武士道と云うは死ぬ事と見付けたり武士道(武士の道義的精神)クリスチャン ジャック花咲ける上方武士道ゴーチエ・ダラスT. レゲットドン・キホーテ高木武(1)大道寺友山武道初心集騎士道物語ボイアルド川田 茂一富士(市)上方武士道義理責め山本常朝弓矢の道宮廷文学武士の道

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

士道の関連情報