寛典(読み)かんてん

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐てん クヮン‥【寛典】

〘名〙 寛大な恩典。また、慈悲深い処置。情のある取扱い。
※三代格‐七・弘仁八年(817)正月二四日「若或有国司受彼請託輙解却者。准状科附不寛典
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「人を死刑に処せずして寛典に従ふを常とす」 〔旧唐書‐刑法志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん‐てん〔クワン‐〕【寛典】

情けある取り扱い。また、寛大な法的な処置。「寛典に浴する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android