コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生晴富 みぶ はれとみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生晴富 みぶ-はれとみ

1422-1497 室町時代の官吏。
応永29年生まれ。壬生晨照(あさてる)の子。応仁(おうにん)2年官務の職と氏長者をつぐ。正四位上にすすみ,治部卿となる。父の代につづき,同族の大宮長興(ながおき)との相論で,壬生家の地位維持に尽力した。明応6年死去。76歳。日記に「晴富宿禰(すくね)記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

壬生晴富

没年:明応6(1497)
生年:応永29(1422)
室町時代の官人,壬生官務家14代当主。官務左大史晨照の子。法名道秀,多宝院と号す。応永33(1426)年叙爵元服後,家例たる民部少輔,主殿頭,造東大寺次官を経て左大史となり,応仁2(1468)年父のあとを受けて官務に補せられた。応仁・文明の乱のとき,理由は不明だが西軍にあり,文明4(1472)年に東軍側にいた嗣子雅久に官務職を譲ったが,官務に精通した晴富は雅久を助けて家職を守った。同14年正四位上に叙せられ,延徳2(1490)年には壬生家として初めて治部卿に任ぜられた。生涯をかけて同族の大宮長興と官務・氏長者職を争い,家領の確保に努力し一流を維持したほか,相伝文書を守るために文庫修復に奔走し,幕府の援助を得た。著作に『続神皇正統記』『建武三年以来記』があるほか,日記『晴富宿禰記』がある。

(飯倉晴武)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の壬生晴富の言及

【晴富宿禰記】より

…室町時代,1446‐97年(文安3‐明応6)の壬生(みぶ)晴富の日記。別称《小槻晴富記》《晴富(卿)記》。…

※「壬生晴富」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

壬生晴富の関連キーワード壬生雅久三位局

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android