コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生晨照 みぶ あさてる

1件 の用語解説(壬生晨照の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生晨照 みぶ-あさてる

?-1468 室町時代の官吏。
民部権少輔(ごんのしょう)などをへて,永享7年官務となる。一時,官務を大宮長興(ながおき)にゆずったが,再任。長興とは氏長者や官務の地位,領地をめぐり訴訟をくりかえし,壬生家の主張をみとめさせた。応仁(おうにん)2年6月19日死去。本姓は小槻(おづき)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

壬生晨照の関連キーワード骨皮道賢インドの産業大動脈構想中村ビュデ茂林寺子抱富士中村[市]碧山日録季瓊真蘂北畠材親

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone