コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壬生諸石 みぶの もろし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

壬生諸石 みぶの-もろし

?-? 飛鳥(あすか)時代の兵士。
肥後(熊本県)の人。唐(中国)での長期間の抑留生活をねぎらわれ,持統天皇10年(696)物部薬(もののべの-くすり)とともに追大弐(ついだいに)の位と,絁(あしぎぬ),糸,布,鍬(くわ),稲,水田があたえられ,調と徭役を免除された。百済(くだら)(朝鮮)救援の戦いで捕虜になっていたとかんがえられている。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

壬生諸石の関連キーワードあすか兵士飛鳥肥後

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android