声息(読み)せいそく

精選版 日本国語大辞典「声息」の解説

せい‐そく【声息】

〘名〙
① こえといき。
自由之理(1872)〈中村正直訳〉二「真理の抑圧せられ息を出さざるにあり」
② 連絡によって知られるその人の意思や消息。おとずれ。たより。
※地方官会議日誌‐五・明治八年(1875)六月二三日「山谷隔絶の地は、多く置ざれば、声息通ぜず」 〔蜀志‐李恢伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android