売上原価率(読み)うりあげげんかりつ(英語表記)ratio of cost of sales

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

売上原価率
うりあげげんかりつ
ratio of cost of sales

特定期間における売上原価売上高との割合のことで,比率の低いほど良好な成績を示す。1-売上原価率=売上高総利益率で示されるように,売上高総利益率とは表裏の関係にあり,両者は同じ問題を分析するものといえる。しかし製造業の場合は売上原価率によって分析する方が多く,それは製造業では売上原価の内容が材料費,労務費,経費といった製造原価によって構成されており,生産活動の合理化による製造原価の引下げが会社の収益性を高める重要な要素であるため,原価率の動向に大きな関心が向けられるからである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android