コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変体がな へんたいがな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変体がな
へんたいがな

今日,常用されているひらがなとは異なる字体のかな。「異体がな」ともいう。ひらがなは,古くは同一の音に対していろいろの異体字が用いられていたが,次第に常用のものは一定化の方向をたどった。今日では 1900年の小学校令施行規則で制定された統一字体が用いられており,変体がなは書道,手紙などで単調さを避け,流麗さを出すために使われるくらいである。片仮名も時代をさかのぼるほど異体が多かったが,変体がなとは普通いわない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

変体がなの関連キーワード仮名

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android