コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

変体がな へんたいがな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変体がな
へんたいがな

今日,常用されているひらがなとは異なる字体のかな。「異体がな」ともいう。ひらがなは,古くは同一の音に対していろいろの異体字が用いられていたが,次第に常用のものは一定化の方向をたどった。今日では 1900年小学校令施行規則で制定された統一字体が用いられており,変体がなは書道,手紙などで単調さを避け,流麗さを出すために使われるくらいである。片仮名も時代をさかのぼるほど異体が多かったが,変体がなとは普通いわない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

変体がなの関連情報