異体字(読み)いたいじ

日本大百科全書(ニッポニカ)「異体字」の解説

異体字
いたいじ

漢字の字体のうち標準字体以外のもの。異体文字、別体字、変体字ともいう。広義の用法では、漢字とともに通常の字体と異なる仮名(変体仮名)をも異体字とよぶことがあるが、通常は漢字のみをさす。異体字の分類は諸家によりかならずしも一定しないが、(1)略字(字画を省略したもの。暦・歴→厂、幅→巾など)、(2)合字(2字を合成したもの。麻+呂→麿、菩+薩→など)、(3)分字(1字を2字に分割したもの。米→八木など)、(4)古字(古文ともいう。篆(てん)書以前の古体字。礼のように常用漢字に採用されているものもある)、(5)俗字(世間に通用している正式でない字体。曜→など)、(6)譌(か)字(誤字と認められるもの)などが考えられる。

[月本雅幸]

『太田晶二郎著『異体字一隅』(『郷土研究講座 7』所収・1955・角川書店)』『杉本つとむ編『異体字研究資料集成』10巻・別巻2(1973~75・雄山閣出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「異体字」の解説

異体字
いたいじ

同一の形態素を表わす漢字同士,同一の音節を表わすかな同士をさすが,特に本来の「正体」「正字」や用法上最も一般的となっているものに対していうことが多い。漢字の例では「群」~「羣」,「疉」~「疊」,「野」~「埜」など多数あったが,『干禄 (かんろく) 字書』などの整理により,唐以後は異体字が次第に減少していった。万葉がなから生じたひらがなも,初期の頃は異体字が多く,変体がなと呼ばれた。これらの異体字は 1900年の小学校令施行規則で統一されてから減り,いまでは実用には用いられなくなった。片仮名における異体字も,時代をさかのぼるほど多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ASCII.jpデジタル用語辞典「異体字」の解説

異体字

旧字など、読み方や使用方法などが一緒で漢字の一部が異なる字体。OpenTypeフォントには、1つの文字に対して異体字が定義されていることがある。たとえば「会」と「會」など。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

世界大百科事典内の異体字の言及

【俗字】より

…漢字の字体で,民間で流行する異体字を正字に対して俗字という。正・俗をわける基準は時代によって異なる。…

※「異体字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android