異体(読み)いたい

精選版 日本国語大辞典「異体」の解説

い‐たい【異体】

〘名〙
※歌行燈(1910)〈泉鏡花〉六「霜げた冬瓜(とうがん)に草鞋(わらぢ)を打着(ぶちつ)けた、と言ふ異体(イタイ)な面(つら)を」
② 別な形体、様子。
※神道集(1358頃)二「我等三人異躰事、即法躰俗躰女躰形是」 〔荀子‐富国〕
③ 漢字で、標準の字体とは違っていること。また、その字体。異体字異体文字
④ 植物で、雌雄異株。〔生物学語彙(1884)〕

い‐てい【異体】

〘名〙 (形動) 普通とは違う風変わりなさま。異様。いたい。
(イ) 身なりや容貌についていう場合。
※今昔(1120頃か)一〇「我は異躰の様を作り」
※私聚百因縁集(1257)一「仙人なれば其の有様異躰(イテイ)なり」
(ロ) 事柄についていう場合。
※中右記‐天永三年(1112)一二月二九日「今日内裏中院有放火事、〈〉誠是希有異体事也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「異体」の解説

い‐てい【異体】

[名・形動ナリ]普通とは違った風変わりなようすや姿。いたい。
「希有―の乱僧の所言なり」〈正法眼蔵随聞記・二〉
「―ナカタチ」〈日葡

い‐たい【異体】

[名・形動]
形や体裁が普通と違うこと。また、そのさま。異風。いてい。「異体な姿」
別のからだ。「雌雄異体
異体字」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の異体の言及

【文字】より

…言語を視覚的に表す記号の体系をいう。
【音声言語と文字言語】
 言語行動には,音声を素材とする〈音声言語行動〉と,文字を素材とする〈文字言語行動〉とがある。古くは,両者は十分に区別して考察されることがなかったが,両者の差異がしだいに明らかにされてからは,一般に言語あるいは言語行動という場合には主として音声言語ないしは音声言語行動をさしていうのが普通で,文字を媒介として成立する文字言語(行動)は言語の研究において第二義的な位置が与えられてきた。…

※「異体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android