変動金利(読み)へんどうきんり(英語表記)floating interest rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変動金利
へんどうきんり
floating interest rate

貸し出しの金利約定方式で 3ヵ月,6ヵ月など一定の利払い期にそのときどきの金利実勢に合わせて金利を見直す方式。固定金利の長期調達手段をもたない信託銀行や都市銀行などの長期貸し出しに多い。長期プライム・レートの変動幅に合わせて金利を変更するのが一般的。近年では住宅ローンについても変動金利(長期プライム・レートに連動)のものが増えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

へんどうきんり【変動金利】

当初貸出時から最終返済期限までの間、適用する金利を金融情勢に応じて変動させるもの。 ⇔ 固定金利

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

変動金利の関連情報