コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

固定金利 こていきんりfixed rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

固定金利
こていきんり
fixed rate

貸付金,公社債,預金などの金利がその約定期間中一定である場合の金利。中長期の貸付金や債券においては,長期にわたって金利が固定されることから,貸出人,借入人とも市場金利の変動に伴うリスクにさらされることになる。一方で,借入人にとっては,調達コストを確定できるメリットがあり,貸出人は金利の下降局面において利ザヤを確保することが期待できる。金利上昇局面では,駆け込みの貸出増加などの動きが顕著に現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

こていきんり【固定金利】

貸出時の金利が最終返済期限までそのまま適用されるもの。 ↔ 変動金利

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

固定金利の関連キーワードサブプライムローン問題住宅金融公庫融資制度国有林野事業特別会計変動金利制住宅ローン自由満期型定期預金ベーシススワップ住宅金融公庫融資住宅金融支援機構インフレ・ヘッジリスク・ヘッジ据置型定期預金民間住宅ローン貯蓄貸付組合バーゼル規制物価連動国債スワップ取引年金住宅融資住宅金融公庫福祉医療機構金融派生商品

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

固定金利の関連情報