変形文法(読み)へんけいぶんぽう(英語表記)transformational grammar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

変形文法
へんけいぶんぽう
transformational grammar

文法記述に変形操作を不可欠なものとして含む文法の意。変形の考えは,Z.ハリスが早く提唱しているが,特に断らないかぎり,一般に変形文法といって N.チョムスキーによって提唱された「変形生成文法」をさす。自然言語に内在する規則性を規定するためには,の表層構造だけの記述では不十分で,基本的な文法関係を指定する抽象的な深層構造,およびその両者を結びつけるための変形規則が必要であるとする文法論。変形は,たとえば平叙文と質問文,能動文と受動文との間にみられる構造上の関係を,共通の基底記号列から導く役割をもつもので,構造記述と構造変化によって定義される構造依存的な性質をもっている。変形はまた変換とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の変形文法の言及

【生成文法】より

…なお(c)のうち,とくに〈句構造〉相互間の対応をつける一定の性質を備えた規則は〈変形(変換)transformation〉と呼ばれ,これが盛んに用いられてきた。このため,〈変形(変換)文法理論〉という語が〈生成文法理論〉とおおむね同義のように使われてきたが(また〈変形生成文法理論〉とも呼ばれてきたが),近年では変形の果たす役割を相対的に軽くした枠組みや,変形を用いない(前記(2)を採らない)枠組みも提唱されるにいたっている。 以上のようにして個々の言語の文法の構築をめざすだけでなく,言語一般(各言語の文法一般)の性質や,さらには幼児の言語習得との関連を問題にしようとする点も,この理論の大きな特徴である。…

※「変形文法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android