コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏家店遺跡 かかてんいせき Xià jiā diàn yí zhǐ

1件 の用語解説(夏家店遺跡の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かかてんいせき【夏家店遺跡 Xià jiā diàn yí zhǐ】

中国内モンゴル(蒙古)自治区赤峰市の東約15kmにある青銅器時代の遺跡。1960年中国科学院考古研究所が調査し,旧熱河省南部の青銅器時代文化の編年が修正された。文化層は上下2層に分かれ,下層から石器,骨器,土器,銅滓などが出ている。土器は灰陶が主で,鬲(れき)や甗(げん)などの器形が目立つ。土器の様相は二里頭遺跡の殷文化に似るが,中原の竜山文化の一変種である。上層から竪穴住居址,墓葬,貯蔵穴などが発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

夏家店遺跡の関連キーワード内蒙古自治区帰綏ゴビ砂漠ソロン寧夏回族自治区モンゴル語モンゴル文字内モンゴル自治区蒙古蒙疆

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone