夏家店遺跡(読み)かかてんいせき(英語表記)Xià jiā diàn yí zhǐ

世界大百科事典 第2版「夏家店遺跡」の解説

かかてんいせき【夏家店遺跡 Xià jiā diàn yí zhǐ】

中国内モンゴル(蒙古)自治区赤峰市の東約15kmにある青銅器時代遺跡。1960年中国科学院考古研究所が調査し,旧熱河省南部の青銅器時代文化の編年が修正された。文化層は上下2層に分かれ,下層から石器,骨器,土器,銅滓などが出ている。土器は灰陶が主で,鬲(れき)や(げん)などの器形が目立つ。土器の様相二里頭遺跡の殷文化に似るが,中原竜山文化の一変種である。上層から竪穴住居址,墓葬,貯蔵穴などが発見されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android