コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏河 かか

百科事典マイペディアの解説

夏河【かか】

中国,甘粛省南西部の県。別名ラブラン。付近は黄河上流部の豊かな農牧地帯で商業・交易が盛ん。ラマ教チベット仏教黄帽派の中心ラブラン寺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

夏河
かが / シヤホー

中国、甘粛(かんしゅく)省南西部の県。甘南(かんなん)チベット族(蔵族)自治州に属する。人口8万7800(2013)。そのうちチベット族が約8割を占める。県政府は西部の拉卜楞(ラブラン)鎮にある。黄河(こうが)の支流大夏河の上流、青海(せいかい)省と境を接する山地にあり、住民はウシやヒツジの牧畜に従事する。この付近で産される河曲馬、欧拉(おうら)羊は全国的に知られる。もともと清(しん)代に建てられたチベット仏教(ラマ教)寺院(ラブラン寺)があり、チベット仏教黄帽派の中心として栄え、門前は山地民族の交易中心地であった。1928年に県となった。近年は、金をはじめとする鉱山開発が盛ん。県南部には2013年開港の甘南夏河空港がある。[秋山元秀・編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

夏河の関連キーワードカンナン(甘南)チベット(蔵)族自治州ボウズハゼシアホー臨夏

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏河の関連情報