コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏言 かげんXia Yan; Hsia Yen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夏言
かげん
Xia Yan; Hsia Yen

[生]成化18(1482)
[没]嘉靖27(1548)
中国,明代の政治家。貴渓 (江西省) の人。字は公謹。号は桂洲。諡は文慰。正徳 12 (1517) 年の進士。兵科給事中から翰林院侍読学士に抜擢され,次いで礼部尚書,嘉靖 15 (36) 年には武英殿大学士として入閣し,首輔となる。性格は高慢で,同郷の野心家厳嵩 (げんすう) の反対にあって失脚し,また同 26年陝西総督曾銑 (そうせん) のオルドス (河套) 回復の議に連座して投獄されたが,厳嵩の失脚後,官を復された。著に『南宮奏稿』 (5巻) ,『桂洲奏議』 (21巻) ,『桂洲集』 (18巻) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

夏言の関連キーワードネフスキー江西省正徳

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏言の関連情報