コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山時代 ヒガシヤマジダイ

大辞林 第三版の解説

ひがしやまじだい【東山時代】

文化史上・美術史上の時代区分の一。室町中期、足利義政治世下の約半世紀をいう。鎌倉以来の武家政権が守護大名や富裕な町衆の擡頭たいとうなどで危機に陥り、下剋上の時代を迎えるなかで、東山山荘に逃避した義政を中心に東山文化が生み出された。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山時代
ひがしやまじだい

東山文化」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東山時代の関連キーワード笹川 臨風和漆・倭漆佐倉義民伝東山桜荘子右京大夫原 勝郎日本料理東山山荘五十嵐家守護大名笹川臨風武家政権時代蒔絵いけ花下剋上さかな原勝郎座敷飾大名物呂宋壺

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東山時代の関連情報