コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東山時代 ヒガシヤマジダイ

デジタル大辞泉の解説

ひがしやま‐じだい【東山時代】

文化史・美術史上の時代区分の一。室町時代足利義政が文明14年(1482)に東山殿の造営を始めてから没年までをさすが、広義には義政の将軍時代から没年までをいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひがしやまじだい【東山時代】

文化史上・美術史上の時代区分の一。室町中期、足利義政治世下の約半世紀をいう。鎌倉以来の武家政権が守護大名や富裕な町衆の擡頭たいとうなどで危機に陥り、下剋上の時代を迎えるなかで、東山山荘に逃避した義政を中心に東山文化が生み出された。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東山時代
ひがしやまじだい

東山文化」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東山時代の関連情報