コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慕帰絵詞 ボキエコトバ

5件 の用語解説(慕帰絵詞の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぼきえことば〔ボキヱことば〕【慕帰絵詞】

絵巻。10巻。正平6=観応2年(1351)作。本覚寺3世覚如の伝記を描いたもので、覚如の子慈俊撰。絵は藤原隆昌・隆章、詞書(ことばがき)は三条公忠ら。1、7巻のみ文明14年(1482)の補作で、絵は藤原久信、詞書は飛鳥井雅康。京都西本願寺蔵。慕帰絵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

慕帰絵詞【ぼきえことば】

本願寺3世覚如の伝記を描いた絵巻。10巻。西本願寺所蔵。1351年完成。絵の筆者は藤原隆章・隆昌の二人,詞は三条公忠らの寄合書き。第1,7巻は1482年の補作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぼきえことば【慕帰絵詞】

親鸞の後継者で本願寺発展の基礎を開いた第3世覚如(1270‐1351)の伝記を描いた絵巻。西本願寺所蔵。《慕帰絵詞》と題したのは,上人の帰寂(入寂)を恋い慕うゆえであることが,冒頭の詞書に述べられている。1351年(正平6∥観応2)の上人没後,ただちに次子慈俊によって詞書がつくられ,絵もほどなく完成したものと思われる。全10巻のうち第1,7両巻ははやくに失われ,1482年(文明14)詞書を飛鳥井雅康(あすかいまさやす),絵を藤原久信が補作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぼきえことば【慕帰絵詞】

本願寺三世覚如の伝記を描いた絵巻。一〇巻。1351年作。絵は藤原隆章・隆昌,詞書ことばがきは三条公忠らの筆。一巻と七巻は1482年の補作で絵は藤原久信,詞書は飛鳥井雅康。慕帰絵。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

慕帰絵詞
ぼきえことば

西本願寺3世覚如上人(かくにょしょうにん)の伝記を叙した南北朝時代の絵巻。覚如の子慈俊(じしゅん)の撰(せん)になり、上人の帰寂(きじゃく)を慕う意味でこの名がつけられた。詞書(ことばがき)は三条公忠(きんただ)ら数人の執筆、絵は藤原隆昌(たかまさ)・隆章(たかあき)の筆で、1351年(正平6・観応2)の制作。10巻からなるが、第1、7巻は後世に紛失し、1482年(文明14)に飛鳥井雅康(あすかいまさやす)が詞、藤原久信が絵を補作している。初めの巻の絵は伝統的な宮廷絵所の様式を伝え、南北朝時代大和(やまと)絵の典型を示す。補作2巻を含め、画中に日常生活の描写が随所にみられ、当時の生活を知るうえの資料としても貴重である。京都・西本願寺蔵。重要文化財。[村重 寧]
『小松茂美編『続日本絵巻大成4 慕帰絵詞』(1985・中央公論社) ▽真保亨編『日本の美術187 慕帰絵詞』(1981・至文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慕帰絵詞の関連キーワード覚如上人如信上人明如上人西本願寺覚如本願寺派本派本願寺円如善如親鸞上人絵伝

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone