慕帰絵詞(読み)ぼきえことば

日本大百科全書(ニッポニカ)「慕帰絵詞」の解説

慕帰絵詞
ぼきえことば

西本願寺3世覚如上人(かくにょしょうにん)の伝記を叙した南北朝時代の絵巻。覚如の子慈俊(じしゅん)の撰(せん)になり、上人の帰寂(きじゃく)を慕う意味でこの名がつけられた。詞書(ことばがき)は三条公忠(きんただ)ら数人の執筆、絵は藤原隆昌(たかまさ)・隆章(たかあき)の筆で、1351年(正平6・観応2)の制作。10巻からなるが、第1、7巻は後世に紛失し、1482年(文明14)に飛鳥井雅康(あすかいまさやす)が、藤原久信が絵を補作している。初めの巻の絵は伝統的な宮廷絵所の様式を伝え、南北朝時代大和(やまと)絵の典型を示す。作2巻を含め、画中に日常生活の描写が随所にみられ、当時の生活を知るうえの資料としても貴重である。京都・西本願寺蔵。重要文化財。

[村重 寧]

『小松茂美編『続日本絵巻大成4 慕帰絵詞』(1985・中央公論社)』『真保亨編『日本の美術187 慕帰絵詞』(1981・至文堂)』


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「慕帰絵詞」の解説

ぼきえことば ボキヱことば【慕帰絵詞】

絵巻物。一〇巻。紙本着色。観応二年(一三五一)頃の作。本願寺第三世法主覚如(かくにょ)上人の帰寂を慕って描かれたもの。撰文は覚如の子の慈俊、詞書(ことばがき)三条公忠ら、絵藤原隆章隆昌筆。第一・七巻は原本紛失し文明一四年(一四八二)、詞書飛鳥井雅康、絵藤原久信の補作。京都西本願寺蔵。覚如上人絵巻とも。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「慕帰絵詞」の解説

ぼきえことば〔ボキヱことば〕【慕帰絵詞】

絵巻。10巻。正平6=観応2年(1351)作。本願寺3世覚如の伝記を描いたもので、覚如の子慈俊撰。絵は藤原隆昌・隆章、詞書ことばがきは三条公忠ら。1、7巻のみ文明14年(1482)の補作で、絵は藤原久信、詞書は飛鳥井雅康。京都西本願寺蔵。慕帰絵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

旺文社日本史事典 三訂版「慕帰絵詞」の解説

慕帰絵詞
ぼきえことば

南北朝時代,本願寺3世覚如の一代を描いた絵巻物
『慕帰絵』ともいう。10巻。西本願寺蔵。「慕帰」とは覚如の帰寂(の死ぬこと)を慕う意味で,覚如の子慈俊が選述し,絵は藤原隆章・隆昌が描き,1351年成立。土佐派の特色研究と生活文化史上の貴重な史料

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「慕帰絵詞」の解説

慕帰絵詞【ぼきえことば】

本願寺3世覚如の伝記を描いた絵巻。10巻。西本願寺所蔵。1351年完成。絵の筆者は藤原隆章・隆昌の二人,詞は三条公忠らの寄合書き。第1,7巻は1482年の補作。南北朝ごろの大和絵画風が知られ,当時の風俗を知る資料として貴重。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「慕帰絵詞」の解説

ぼきえことば【慕帰絵詞】

親鸞の後継者で本願寺発展の基礎を開いた第3世覚如(1270‐1351)の伝記を描いた絵巻。西本願寺所蔵。《慕帰絵詞》と題したのは,上人の帰寂(入寂)を恋い慕うゆえであることが,冒頭の詞書に述べられている。1351年(正平6∥観応2)の上人没後,ただちに次子慈俊によって詞書がつくられ,絵もほどなく完成したものと思われる。全10巻のうち第1,7両巻ははやくに失われ,1482年(文明14)詞書を飛鳥井雅康(あすかいまさやす),絵を藤原久信が補作した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる