コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夕陽庵弘永 ゆうひあん こうえい

美術人名辞典の解説

夕陽庵弘永

俳人。八丈氏。通称奈良屋嘉右衛門、号は道寸。大坂天王寺住。松江重頼門人。晩年師風を変じ異体を吟じた。著書に『独吟集』がある。延宝4年(1676)歿、52才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

夕陽庵弘永 ゆうひあん-こうえい

1625-1676 江戸時代前期の連歌師,俳人。
寛永2年生まれ。堺の商人。連歌を西山宗因らに,俳諧(はいかい)を松江重頼(しげより)にまなび,大坂俳壇で活躍した。延宝4年6月22日死去。52歳。姓は八丈。通称は嘉(加)右衛門。号は道寸。法名は以春。連歌集に「以春百韻」,編著に「古今和歌集註」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

夕陽庵弘永の関連キーワード連歌師俳人

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android