コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外交戦略的行動 がいこうせんりゃくてきこうどうdiplomatic-strategic conduct

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外交戦略的行動
がいこうせんりゃくてきこうどう
diplomatic-strategic conduct

フランスの政治思想家 R.アロンの概念で国家間システムにおける国家の対外行動を指す。「外交官」と「軍人」が国家の象徴的役割を担うことからこう呼ばれる。アロンによれば,国際関係論とは,この外交戦略的行動の「歴史的選択の諸条件」を示すこと,すなわち外交官と軍人が戦争状態を特徴とする国際社会において,どれだけ拘束されており,また逆にどれだけ選択の余地があるかを主たる探求の対象とする学問である,ということになる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android