コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外人法 がいじんほう

2件 の用語解説(外人法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外人法
がいじんほう

厳密には外国人=その国の国籍を有しない者の内国における法的地位,資格,権利享有に関する法律。この意味での外人法は,外国にある内国人に関する法律すなわち在外法 (民法,民事訴訟法) に対比される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がいじんほう【外人法】

内国人とは区別して、外国人や外国法人に対し国内における権利の享有または活動についての禁止・規制を定める法律の総称。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外人法の関連キーワード外国会社外国人国籍出生地主義無国籍国籍の抵触内国人国民総生産(GNP:Gross National Product)韓国籍と朝鮮籍大泉町の外国人

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone