コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外八文字 ソトハチモンジ

デジタル大辞泉の解説

そと‐はちもんじ【外八文字】

遊女の揚屋入りなどのときの歩き方。いったん内側に向けたつま先を外側に開いて歩くこと。→内八文字
弓道で、両足のつま先を外側に約60度開く構え方。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そとはちもんじ【外八文字】

踏み出す足の爪先つまさきをまず内側に向けたのち、外側に向けて足を運ぶこと。遊女が道中するときの歩き方。 ↔ 内八文字

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

外八文字の関連キーワード揚屋入り島原道中滑り道中八文字先帝祭道中姿遊女勝山花魁

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外八文字の関連情報