コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外来魚(読み)がいらいぎょ

知恵蔵の解説

外来魚

海外から移入された魚類の総称。1925年に米国から神奈川県の芦ノ湖に移入されたオオクチバスゲリラ放流されたと思われるコクチバスなどのブラックバス類、60年に伊豆の一碧(いっぺき)湖に移入されたブルーギル、米国カリフォルニア州原産のニジマス(レインボートラウト)、欧州原産のブラウントラウト、02年に米国から日光の湯ノ湖に移入されたブルックトラウト、利根川に移入された中国・台湾原産の草魚(ソーヒイ)、利根川水系で繁殖する中国原産のハクレン、コクレンなどが釣りの対象となる。ブラックバス類とブルーギルは、移入後に各地でゲリラ放流されて生態系への悪影響が問題視され、外来生物法の指定対象となった。

(森田秀巳 アウトドアライター / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

がいらいぎょ【外来魚】

国外から移入された魚。肉食性のブラック-バスやブルーギルが代表的。在来種や生態系への影響が問題とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外来魚の関連情報