内毒素(読み)ないどくそ(英語表記)endotoxin

翻訳|endotoxin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内毒素
ないどくそ
endotoxin

細菌がつくりだす毒素のうち,通常は細胞壁に付着し,その細菌が崩壊したとき菌体外に遊離してくるものをいう。成分はリポ多糖体で,毒力が比較的弱く,発熱と局所障害を起すが,症状はそれほど特異的ではない。緑膿菌大腸菌など多くのグラム陰性桿菌によってつくりだされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ない‐どくそ【内毒素】

チフス菌サルモネラ菌などの菌体の細胞壁に存在する毒素たんぱく質多糖類脂質などからなり、菌体が破壊されると遊離して、毛細血管透過性を増大させ、ショックや発熱などをひきおこす。毒性は外毒素に比べると弱いが、熱に強い。菌体内毒素エンドトキシン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ないどくそ【内毒素】

グラム陰性菌の細胞壁に存在するリポ多糖類、またはこれとタンパク質との複合体。菌体の破壊によってのみ毒性を示し、その作用は外毒素より弱い。菌体内毒素。エンドトキシン。 → 外毒素細菌毒素

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ない‐どくそ【内毒素】

〘名〙 細菌の菌体を構成する成分が有毒なもので、菌体の分解により作用する毒素。コレラ・チフス菌などの毒素。⇔外毒素

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内毒素の言及

【菌体内毒素】より

…ジフテリア菌,破傷風菌,ボツリヌス菌などが出す菌体外毒素に対して,赤痢菌,チフス菌,コレラ菌などの毒素のように,細菌の細胞内に保有され,菌体外に分泌されることがなく,その菌体の破壊によって遊出してくる毒素。内毒素,エンドトキシンとも呼ばれる。菌体内毒素と呼ばれるものの化学的な本体は,細菌の細胞壁に由来するリポ多糖,あるいはそれらとタンパク質の複合体である。…

※「内毒素」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android