コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外的ショック がいてきショック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外的ショック
がいてきショック

景気が転換点を迎える要因には,自立的反転金融引き締めおよび外的要因が考えられる。戦後の景気拡大期を見ると,神武景気,岩戸景気では,国際収支の天井,つまり景気拡大により輸入が増大したため,国際収支の赤字幅が拡大し,外貨不足が生じて金融政策の引き締めという転換点を迎えた。 1970年以降では,第1次・第2次石油危機,プラザ合意による円高というように,外的ショックによって転換点を迎えたが,いざなぎ景気のみが自立的反転の要素を強く持っている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

外的ショックの関連キーワードレギュラシオン理論ダラライゼーション最適通貨圏価格監視ドル化

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外的ショックの関連情報