コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸景気 いわとけいき

3件 の用語解説(岩戸景気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩戸景気
いわとけいき

1958年7月から 61年 12月まで続いた第4循環の景気拡大局面の俗称であり,いざなぎ景気平成景気に次いで戦後第3位の長さ (42ヵ月間) を誇る。神武景気をしのぐ大型景気ということから,天の岩戸神話にちなみ岩戸景気と命名された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわと‐けいき〔いはと‐〕【岩戸景気】

昭和34~36年(1959~1961)の大型好景気のこと。昭和31年(1956)の神武景気を上回るところから、天の岩戸以来という意味で名づけられた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いわとけいき【岩戸景気】

1959年(昭和34)から翌年にかけての景気の好況。神武景気をしのぐ好況の意で用いられた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岩戸景気の言及

【高度経済成長】より

…56年日ソ国交回復と国連への加入が実現し,国際社会に日本が正式に復帰したことにより,貿易が拡大した。1955年以来の好況は57年,58年にいったん〈なべ底景気〉を迎えるが,59年には設備投資の増加,耐久消費財の大幅な普及によってふたたび好況に転じ,59年後半期から60年後半期にかけては,〈岩戸景気〉といわれる活況を呈していた。 自由民主党結成以後の鳩山,岸信介両内閣は,憲法改正,再軍備を目標とし,占領下の吉田茂政治を否定し,戦前の軍事大国への復帰をめざす政策を進めた。…

※「岩戸景気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岩戸景気の関連キーワード開成学校七番日記エコカー補助金曽我祭ソンムの戦合併特例法北の国から北九州市監禁殺人事件ジョードン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩戸景気の関連情報