コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩戸景気 いわとけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩戸景気
いわとけいき

1958年7月から 61年 12月まで続いた第4循環の景気拡大局面の俗称であり,いざなぎ景気,平成景気に次いで戦後第3位の長さ (42ヵ月間) を誇る。神武景気をしのぐ大型景気ということから,天の岩戸神話にちなみ岩戸景気と命名された。活発な技術革新により「投資が投資を呼ぶ」という設備投資主導の景気拡大が生まれ,同時に皇太子 (今上天皇) の結婚式を期に白黒テレビが爆発的に売れて,三種の神器 (テレビ,電気冷蔵庫,電気洗濯機) が急速に普及していった。また 60年 12月に所得倍増計画が発表され,本格的な高度経済成長時代に突入した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いわと‐けいき〔いはと‐〕【岩戸景気】

昭和33年(1958)7月から、昭和36年(1961)12月まで、42か月間続いた景気拡大期の呼び名の一。神武景気を上回るところから、天の岩戸以来という意味で名づけられた。第四循環の拡張期に当たる。→景気循環

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわとけいき【岩戸景気】

1959年(昭和34)から翌年にかけての景気の好況。神武景気をしのぐ好況の意で用いられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の岩戸景気の言及

【高度経済成長】より

…56年日ソ国交回復と国連への加入が実現し,国際社会に日本が正式に復帰したことにより,貿易が拡大した。1955年以来の好況は57年,58年にいったん〈なべ底景気〉を迎えるが,59年には設備投資の増加,耐久消費財の大幅な普及によってふたたび好況に転じ,59年後半期から60年後半期にかけては,〈岩戸景気〉といわれる活況を呈していた。 自由民主党結成以後の鳩山,岸信介両内閣は,憲法改正,再軍備を目標とし,占領下の吉田茂政治を否定し,戦前の軍事大国への復帰をめざす政策を進めた。…

※「岩戸景気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岩戸景気の関連キーワード生産性上昇率格差インフレ高度大衆消費時代外的ショック転型期論争伊弉諾景気軽自動車緊縮財政好況公害

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩戸景気の関連情報