コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神武景気 じんむけいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神武景気
じんむけいき

1954年 12月から 57年6月まで 31ヵ月間続いた第2循環の景気拡大局面の俗称であり,岩戸景気に次いで第4位の長さを誇る。日本国始まって以来 (神武天皇以来) の好景気ということから,神武景気と命名された。海外経済の好調による輸出の拡大,物価の安定,金融緩和という好条件による数量景気が出現した。日本経済は,神武景気以降高度経済軌道に乗ったということができ,経済活動が戦前の水準を超えたことから,56年版の『経済白書』では「もはや戦後ではない」という記述がなされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じんむ‐けいき【神武景気】

昭和29年(1954)12月から、昭和32年(1957)6月まで、31か月間続いた景気拡大期の呼び名の一。高度成長のさきがけをなした。神武天皇以来、例がないということからの名。第三循環の拡張期に当たる。→景気循環

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じんむけいき【神武景気】

1955年(昭和30)から翌年にかけての好景気。有史以来の好景気の意で用いられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神武景気
じんむけいき

1956年(昭和31)秋からの、民間設備投資ブームによる好景気のこと。1955年以来、世界景気の好転を背景とした輸出伸長、米の豊作、卸売・消費者物価の下落によって生じた「数量景気」は、56年秋ごろから「価格景気」に転化した。同年10月スエズ戦争(第二次中東戦争)が勃発(ぼっぱつ)して国際商品相場と海上運賃が高騰、在庫投資による銑鉄、鋼材の思惑的輸入が増大し、56年度の民間企業設備投資は名目で58%、実質で39%と、戦後最高の伸びを示した。有史以来の好景気という意味で「神武景気」と名づけられたこの景気は、「三種の神器」といわれた白黒テレビ・電気洗濯機・電気冷蔵庫の家庭電化ブームの端緒を開き、大衆消費社会形成の糸口ともなった。だが、輸入急増によって外貨危機が生じ、57年2月ごろからの国際商品相場と海上運賃の反落もあって国際収支は一挙に悪化、57年後半から58年なかばにかけて「なべ底不況」が訪れた。[荒 敬]
『内野達郎著『戦後日本経済史』(講談社学術文庫) ▽有沢広巳監修『昭和経済史』(1976・日本経済新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の神武景気の言及

【高度経済成長】より

…保守合同後の第3次鳩山一郎内閣は,55年12月経済自立五ヵ年計画を立て,独占資本を中心とする合理化と弱小企業切捨て政策を積極的に推進した。55年は世界経済が好況を続け,国際的な緊張緩和(デタント)の影響もあって,後半から輸出船のブームが始まり,〈神武景気〉とうたわれた。56年日ソ国交回復と国連への加入が実現し,国際社会に日本が正式に復帰したことにより,貿易が拡大した。…

※「神武景気」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

神武景気の関連キーワード高度大衆消費時代新・三種の神器いざなぎ景気外的ショック伊弉諾景気鍋底景気緊縮財政大型景気

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

神武景気の関連情報