外郎つむ(読み)ういろうつむ

精選版 日本国語大辞典の解説

ういろう【外郎】 つむ

口臭を消すために外郎薬を前歯でかむ。相手の歓心を得ようとするさまをいい、多くは初心の者のやぼったいふるまいとされた。透頂香(とうちんこう)つむ。
※浄瑠璃・兼好法師物見車(1710頃)四季「近くへ寄って物言はばういらうつめとざはめきて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android