コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

透頂香 トウチンコウ

デジタル大辞泉の解説

とうちん‐こう〔‐カウ〕【透頂香】

外郎(ういろう)1」に同じ。公家が冠の中に入れて髪の臭気を去るのに用いたところからの名。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とうちんこう【透頂香】

外郎ういろう 」に同じ。 「腰より-一つを三つに割つた程取出いて/狂言・膏薬煉」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の透頂香の言及

【外郎】より

…元朝が滅びたとき,礼部員外郎であった陳氏(宗敬,延祐,順祖などの名が伝えられるが,不詳)が日本へ亡命してきて博多に住んだ。多才な人で,とくに薬方にくわしかったため,足利義満は上洛を求めたが応ぜず,その子(宗奇,あるいは大年)が京都に移り住み,以後代々医を業として外郎家と呼ばれ,透頂香(とうちんこう)などの薬をも製した。《長禄二年以来申次記》などによれば,外郎家では毎年1月7日,12月27日に将軍に謁し,薬を献上する慣例であった。…

※「透頂香」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

透頂香の関連キーワードういろう(外郎)ういろう膏薬煉外郎

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android