コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外題年鑑 げだいねんかん

世界大百科事典 第2版の解説

げだいねんかん【外題年鑑】

浄瑠璃作品の総目録。一楽子(《竹豊(ちくほう)故事》の著者)編。1757年(宝暦7)刊,55丁,1冊の初版のほか明和5年(1768),安永8年(1779),寛政5年(1793)の各増補版,計4種がある。初版の序文に八十翁一楽とあるので明和版以後は後人の編と考えられる。井上播磨掾から始めて,古浄瑠璃各派と当流(義太夫節)のおもだった太夫ごとに演じた浄瑠璃の題名を列挙し,必要に応じて作者,初演の年月,寸評などのほか太夫の改名,人形遣いの役割その他の事項が記されており,浄瑠璃史の研究に資するところが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外題年鑑の関連キーワード冥途の飛脚清水理兵衛出世景清薩摩歌

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android