コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹豊故事 ちくほうこじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹豊故事
ちくほうこじ

浄瑠璃の概説書,史書。浪速散人一楽著。宝暦6 (1756) 年刊。3巻。浄瑠璃の歴史,故名人の列伝,芸談,当時の太夫評,作者,三味線,人形,その他について述べる。『今昔操年代記 (いまむかしあやつりねんだいき) 』と並ぶ浄瑠璃研究上の基本的文献。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちくほうこじ【竹豊故事】

浄瑠璃とくに竹本座豊竹座の歴史と太夫の芸評などの書。浪速散人一楽(一楽子)著,1756年(宝暦6)刊,上中下3巻。竹豊両座のそれぞれひいき連中が筑越翁と呼ばれる物知りから話を聞くという形式で本文に導入するのは《今昔操年代記(いまむかしあやつりねんだいき)》に似ているが,内容ははるかに系統立てて整理されており,記述も詳細にわたっている。上巻は奈良の薪能から芝居の始まりを説き起こし,古浄瑠璃各派を経て初代,2代の竹本義太夫まで。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹豊故事の関連キーワード井上播磨掾説経与八郎義太夫節

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android