コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹豊故事 ちくほうこじ

2件 の用語解説(竹豊故事の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

竹豊故事
ちくほうこじ

浄瑠璃の概説書,史書。浪速散人一楽著。宝暦6 (1756) 年刊。3巻。浄瑠璃の歴史,故名人の列伝,芸談,当時の太夫評,作者,三味線,人形,その他について述べる。『今昔操年代記 (いまむかしあやつりねんだいき) 』と並ぶ浄瑠璃研究上の基本的文献。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちくほうこじ【竹豊故事】

浄瑠璃とくに竹本座豊竹座の歴史と太夫の芸評などの書。浪速散人一楽(一楽子)著,1756年(宝暦6)刊,上中下3巻。竹豊両座のそれぞれひいき連中が筑越翁と呼ばれる物知りから話を聞くという形式で本文に導入するのは《今昔操年代記(いまむかしあやつりねんだいき)》に似ているが,内容ははるかに系統立てて整理されており,記述も詳細にわたっている。上巻は奈良の薪能から芝居の始まりを説き起こし,古浄瑠璃各派を経て初代,2代の竹本義太夫まで。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竹豊故事の関連キーワード竹本政太夫竹本流豊竹若太夫多川源太夫竹本喜世太夫竹本錦太夫(初代)竹本春太夫(3代)竹本文太夫竹本紋太夫(初代)豊竹和泉太夫(初代)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone