コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多宝仏 たほうぶつPrabhūtaratna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多宝仏
たほうぶつ
Prabhūtaratna

『法華経』宝塔品に現れる仏で,もと東方宝浄世界の教主であった。菩薩の位にあったときの誓願は,法華の説法のあるところには宝塔を湧き起らせて,その説法が真実であることを証明しようということであった。彼は,釈尊の説法が真実であることを,宝塔を湧出させて証明したと説かれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

多宝仏の関連キーワード二仏並坐像半座を分く多宝如来雲崗石窟妙満寺多宝塔

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android