多宝如来(読み)タホウニョライ

精選版 日本国語大辞典の解説

(「多宝」は、Prabhūtaratna の訳) 仏語。東方の宝浄世界にいるという仏。諸仏が法華経を説くとき、宝塔を出現させて説法を讚嘆することを誓ったという仏で、釈迦が法華経を説いたとき出現した塔中の仏。多宝仏。多宝。
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「只今、多宝如来出現し給らんかしと覚えて」 〔法華経‐見宝塔品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android