コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多宝如来 タホウニョライ

デジタル大辞泉の解説

たほう‐にょらい【多宝如来】

《〈梵〉Prabhūta-ratnaの訳》東方の宝浄世界の教主法華経・見宝塔品で、法華説法のある所に宝塔を出現させ、説法の真実を証明し讃嘆(さんだん)し、半座を譲って釈迦を請じ入れたという仏。多宝仏

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たほうにょらい【多宝如来】

Prabhūtaratna〕 五如来の一。「法華経見宝塔品」の中心的な仏で、東方の宝浄国の教主。法華経説法の際、そこに宝塔を出現させて、説法の真実を証明・讃歎さんだんし、塔中の半座を釈迦仏に譲ったという。多宝仏。多宝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

多宝如来の関連キーワード二世尊多宝塔二仏多宝塔中

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android