多導体方式(読み)たどうたいほうしき(英語表記)bundled conductor

世界大百科事典 第2版の解説

たどうたいほうしき【多導体方式 bundled conductor】

送電線の導体を同じ電位をもつ2本以上の導体で構成する方式。多数の導体をスペーサーと呼ばれる金具多角形頂点に配置する。導体間の間隔は例えば40cmくらいである。三相交流を用いた送電線では各相に1条の導体を用いていた(単導体方式)が,送電電圧が高くなると導体表面の電界が強くなり,コロナ放電が発生して電力損失(コロナ損)やコロナ雑音を生じて問題になった。この解決策として導体の半径を太くして表面電界を減らす方法が行われたが,これにも限度があり,一相の導体を多数に分割してやや離して配置する多導体方式が発明されて解決した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android