コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多導体方式 たどうたいほうしき bundled conductor

1件 の用語解説(多導体方式の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たどうたいほうしき【多導体方式 bundled conductor】

送電線の導体を同じ電位をもつ2本以上の導体で構成する方式。多数の導体をスペーサー呼ばれる金具で多角形の頂点に配置する。導体間の間隔は例えば40cmくらいである。三相交流を用いた送電線では各相に1条の導体を用いていた(単導体方式)が,送電電圧が高くなると導体表面の電界が強くなり,コロナ放電が発生して電力損失(コロナ損)やコロナ雑音を生じて問題になった。この解決策として導体の半径を太くして表面電界を減らす方法が行われたが,これにも限度があり,一相の導体を多数に分割してやや離して配置する多導体方式が発明されて解決した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多導体方式の関連キーワード活動電位高圧線静電容量導線熱電流線路送電線発送電分離電位係数超高圧送電線

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone