コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多数キャリア たすうキャリアmajority carrier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多数キャリア
たすうキャリア
majority carrier

多数担体ともいう。半導体中に共存している電子正孔のうち,数の多いほうのキャリアを多数キャリアと呼ぶ。n型半導体中の電子,p型半導体中の正孔がこれにあたる。バルク半導体中の電流は主として多数キャリアによって運ばれる。熱平衡状態では,多数キャリアと少数キャリアの数の積は材料と温度とで決る一定の値となる。半導体の一端から多数キャリアを流し込むと,ほとんど同時に他端から同数が流出するので,少数キャリアの場合と異なり,多数キャリアを注入してその数を増すことはできない。 (→伝導度変調 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多数キャリアの関連キーワードショットキー・バリア・ダイオードショットキーダイオード電界効果トランジスタ双極型トランジスタ単極型トランジスタリードダイオード注入型電界発光キャリアの注入トランジスタCMOS電界発光ドレイン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android