コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多治比水守 たじひの みずもり

2件 の用語解説(多治比水守の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多治比水守 たじひの-みずもり

?-711 飛鳥(あすか)時代の官吏。
多治比島の子。大宝(たいほう)2年(702)文武(もんむ)天皇が尾張(おわり)におもむいたとき尾張守(かみ)の任にあり,封戸(ふこ)10戸をあたえられる。のち河内(かわちの)守,近江(おうみの)守をへて和銅2年従四位下にすすみ,翌年宮内卿。和銅4年4月15日死去。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

多治比水守

没年:和銅4.4.15(711.5.7)
生年:生年不詳
8世紀初に活躍した官人。嶋の子。土作 の父。尾張守,河内守,近江守など国司を歴任したのち,和銅2(709)年近江守のときに,その善政を褒められ,田10町,穀200斛,衣1襲を賜った。和銅3年宮内卿に任じられた。

(森公章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

多治比水守の関連キーワード飛鳥井頼孝飛鳥京跡飛鳥の蘇大阪府羽曳野市飛鳥奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣飛鳥井雅顕狭井尺麻呂当麻智徳当麻麻呂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone