コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田嘉助 ただ かすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田嘉助 ただ-かすけ

1639-1687* 江戸時代前期の農民。
寛永16年2月生まれ。信濃(しなの)(長野県)安曇郡中萱村の庄屋貞享(じょうきょう)3年松本藩の年貢増徴政策に反対しておきた農民一揆(嘉助騒動)を指導。増徴は中止されたが,首謀者として同年11月22日磔(はりつけ)にされた。48歳。幼名は彦三郎。名は加助ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

多田嘉助
ただかすけ
(?―1686)

江戸中期の義民。加助とも。信州中萱(なかがや)村(長野県安曇野(あづみの)市)の名主。松本藩に対する年貢納入法改善要求一揆(いっき)(嘉助騒動)の指導者。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

多田嘉助の関連キーワード水野忠直

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android