多田嘉助(読み)ただ かすけ

  • ?―1686
  • ただかすけ
  • 多田嘉助 ただ-かすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1639-1687* 江戸時代前期の農民。
寛永16年2月生まれ。信濃(しなの)(長野県)安曇郡中萱村の庄屋貞享(じょうきょう)3年松本藩の年貢増徴政策に反対しておきた農民一揆(嘉助騒動)を指導。増徴は中止されたが,首謀者として同年11月22日磔(はりつけ)にされた。48歳。幼名は彦三郎。名は加助ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江戸中期の義民。加助とも。信州中萱(なかがや)村(長野県安曇野(あづみの)市)の名主。松本藩に対する年貢納入法改善要求一揆(いっき)(嘉助騒動)の指導者。

[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android