コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田敬一 ただ けいいち

1件 の用語解説(多田敬一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田敬一 ただ-けいいち

1900-1981 大正-昭和時代の日本画家。
明治33年6月25日生まれ。入江波光に師事する。大正15年国画創作協会展で初入選し,昭和2年会友となる。4年帝展で「夏の草花」が初入選。以後,帝展,新文展,日展にたびたび入選。24年から法隆寺金堂壁画,平等院鳳凰堂扉絵などの模写に専念する。昭和56年3月1日死去。80歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は敬一(よしかず)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

多田敬一の関連キーワードホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ銀行法座散乱木遺跡国語問題秋田(市)亜蘭知子電子制御式4速AT童夢常用漢字女人芸術

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone