コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多田敬一 ただ けいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多田敬一 ただ-けいいち

1900-1981 大正-昭和時代の日本画家。
明治33年6月25日生まれ。入江波光に師事する。大正15年国画創作協会展で初入選し,昭和2年会友となる。4年帝展で「夏の草花」が初入選。以後,帝展,新文展,日展にたびたび入選。24年から法隆寺金堂壁画,平等院鳳凰堂扉絵などの模写に専念する。昭和56年3月1日死去。80歳。京都出身。京都市立絵画専門学校(現京都市立芸大)卒。本名は敬一(よしかず)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

多田敬一の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android