コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法隆寺金堂壁画 ほうりゅうじこんどうへきが

2件 の用語解説(法隆寺金堂壁画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法隆寺金堂壁画
ほうりゅうじこんどうへきが

法隆寺金堂内部の土壁に描かれていた壁画。7世紀末頃の作。堂外陣四周には大小 12面の壁画があり,4つの大壁にはいずれも説法相の如来と両脇侍菩薩を中心に,諸尊が整然と立並ぶ浄土図が描かれ,釈迦,阿弥陀,薬師,弥勒の四仏の各浄土とみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

法隆寺金堂壁画

7世紀に創建された法隆寺金堂の内壁に描かれた日本最古の仏教壁画。解体修理中の1949年1月26日早朝、堂内からの出火で、壁画の色彩は失われた。出火原因は不明。1月26日は文化財防火デーに定められている。 焼損した壁画は、釈迦群像などの大壁4面(高さ約3メートル、幅約2・6メートル)と、菩薩像の小壁8面(同、幅約1・5メートル)で、壁ごと取り外されて境内の収蔵庫に安置された。 法隆寺は昨年末、文化庁朝日新聞社の協力を得て、学識者による「保存活用委員会」(委員長=有賀祥隆〈よしたか〉・東京芸術大客員教授、13人)を設立。劣化の有無や最適な保存環境を調査し、焼損から70年の2019年をめどに中間報告をまとめる。そのうえで、一般公開の可能性も検討される見通し

(2016-06-28 朝日新聞 朝刊 大特集H)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法隆寺金堂壁画の関連キーワード武部白鳳森白鳳倚像縄文時代白鳳時代白鳳文化東名(ひがしみょう)遺跡イシミラ斎尾廃寺跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法隆寺金堂壁画の関連情報