コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多目的開発計画 たもくてきかいはつけいかくmultiple purpose development program

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多目的開発計画
たもくてきかいはつけいかく
multiple purpose development program

自然的,社会的に一体となっている地域を,地域全体として取上げ,総合的,有機的,合理的に開発しようとする計画。たとえば水資源の開発という場合に,電源開発灌漑用水工業用水生活用水といった問題を総合的に取上げるとともに,治水利水との調整,住民の生活感情の問題をも含めて考慮するということである。これにはアメリカのテネシー川流域開発公社 (→TVA ) 方式の経験が大きな影響を与えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多目的開発計画の関連キーワードオレンジ川

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android