コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀元徳 たき もとのり

1件 の用語解説(多紀元徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多紀元徳 たき-もとのり

1732-1801 江戸時代中期-後期の医師。
享保(きょうほう)17年生まれ。多紀元孝(もとたか)の5男。幕府の奥医師,徳川家斉(いえなり)の侍医。2度類焼した父創設の私塾躋寿(せいじゅ)館を再建,拡大。同館は寛政3年に幕府医学館となった。享和元年5月10日死去。70歳。幼名は金之助。字(あざな)は仲明。通称は安元。号は藍渓。著作に「広恵済急方」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

多紀元徳の関連キーワード赤松翼伊藤九皐画猫道人川島歌遊交寛美三鍼高橋東華橘貞風千柄菊旦牧野康満

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone