安元(読み)アンゲン

大辞林 第三版の解説

年号(1175.7.28~1177.8.4)。承安の後、治承の前。高倉天皇の代。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

日本の元号(年号)。平安時の1175年から1177年まで、高倉(たかくら)天皇の代の元号。前元号は承安(しょうあん)。次元号は治承(じしょう)。1175年(承安5)7月28日改元。天然痘(てんねんとう)流行の凶事を断ち切るために行われた(災異改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。1177年(治承1)、後白河(ごしらかわ)法皇の近臣であった俊寛(しゅんかん)らの平家打倒の謀議が露見して、一味が逮捕される事件が起こった(鹿ヶ谷事件)。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

平安時代・高倉天皇の代の年号。承安五年(一一七五)七月二八日疱瘡(ほうそう)の流行のため改元。安元三年(一一七七)八月四日京の大火や藤原成親らの鹿ケ谷(ししがたに)の謀議発覚などの事件が続いたため治承元年となる。出典は「漢書」の「除民害元」。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安元の関連情報