コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀元胤 たき もとたね

2件 の用語解説(多紀元胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多紀元胤 たき-もとたね

1789-1827 江戸時代後期の医師。
寛政元年3月1日生まれ。多紀元簡(もとやす)の3男。大田錦城に儒学を,父に医学をまなぶ。文化8年家督をつぎ幕府の医学館督事となった。文政10年6月3日死去。39歳。江戸出身。幼名は弥生之助。字(あざな)は奕禧。通称は安良,安元。号は柳沜。編著に「医籍考」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たきもとつぐ【多紀元胤】

1789‐1827(寛政1‐文政10)
江戸後期の幕府医官。考証派漢方医。多紀元簡(もとやす)(桂山)の三男,多紀家第8世。字は奕(えんき)また紹翁,通称は安良のち安長また安元。柳沜(りゆうはん)と号した。文化2年(1805)12月,17歳で将軍家斉に初めて謁見,同8年3月家督相続して寄合医師,医学館督事となり俸30人扶持を給せられた。文政5年(1822)12月法眼に叙せられ翌年8月法親王に随従して日光に詣でた。同10年6月3日病没,39歳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

多紀元胤の関連キーワード田村宗顕野山種麿万和樺島公禮寛政牧野康明三宅康明柳沢里世山川孫水

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone