コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多紀元胤 たき もとたね

2件 の用語解説(多紀元胤の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

多紀元胤 たき-もとたね

1789-1827 江戸時代後期の医師。
寛政元年3月1日生まれ。多紀元簡(もとやす)の3男。大田錦城に儒学を,父に医学をまなぶ。文化8年家督をつぎ幕府の医学館督事となった。文政10年6月3日死去。39歳。江戸出身。幼名は弥生之助。字(あざな)は奕禧。通称は安良,安元。号は柳沜。編著に「医籍考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たきもとつぐ【多紀元胤】

1789‐1827(寛政1‐文政10)
江戸後期の幕府医官。考証派漢方医。多紀元簡(もとやす)(桂山)の三男,多紀家第8世。字は奕(えんき)また紹翁,通称は安良のち安長また安元。柳沜(りゆうはん)と号した。文化2年(1805)12月,17歳で将軍家斉に初めて謁見,同8年3月家督相続して寄合医師,医学館督事となり俸30人扶持を給せられた。文政5年(1822)12月法眼に叙せられ翌年8月法親王に随従して日光に詣でた。同10年6月3日病没,39歳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

多紀元胤の関連キーワード曲芸カニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニングウィリアム[4世]原古処腎炎多紀元胤

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone