多胡辰敬家訓(読み)たこときたかかくん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多胡辰敬家訓
たこときたかかくん

石見国岩山城主,多胡辰敬 (1494~1562) が若年武士のために,手習い学問諸芸礼儀作法,人間関係などについてみずからの体験から教えさとそうとした家訓書。全編 17条。天文 13 (44) 年頃成立。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android