コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡辰敬家訓 たこときたかかくん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多胡辰敬家訓
たこときたかかくん

石見国岩山城主,多胡辰敬 (1494~1562) が若年武士のために,手習い学問諸芸礼儀作法,人間関係などについてみずからの体験から教えさとそうとした家訓書。全編 17条。天文 13 (44) 年頃成立。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

多胡辰敬家訓の関連キーワード池坊専応

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android