コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多胡辰敬家訓 たこときたかかくん

1件 の用語解説(多胡辰敬家訓の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多胡辰敬家訓
たこときたかかくん

石見国岩山城主,多胡辰敬 (1494~1562) が若年の武士のために,手習い,学問や諸芸,礼儀作法人間関係などについてみずからの体験から教えさとそうとした家訓書。全編 17条。天文 13 (44) 年頃成立。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

多胡辰敬家訓の関連キーワード上杉定正足利義澄ザックススレイマン一世フランソワポントルモメムリンク安堅イタリア戦争燕山君

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone